雪山の山小屋(都市伝説)



とある5人の学生が雪山に出かけた。
登山を開始した当初は晴れていたが、夕方頃からは猛吹雪となり学生たちは遭難してしまった。

その途中に1人の学生が落石により死亡し、仲間の1人が死んだ仲間を背負って歩いた。
やがて4人は山小屋を見つけたが、中に入るとそこは無人で暖房も壊れていた。



死んだ仲間を床に寝かせた後、「このまま寝たら死ぬ」と考えた4人はとある方法で眠気に耐える事にした。

その方法とは、最初の1人目が2人目の場所まで歩き2人目の肩を叩く。1人目は2人目が居た場所に座り、2人目は1人目と同じく3人目の場所まで歩き肩を叩く。2人目は3人目がいた場所に座り、3人目は4人目を、4人目が1人目の肩を叩くことで一周し、それを繰り返すというもの。

そうすれば、自分の番が来れば寝ずに済むし次の仲間を起こす事も出来る。
この方法で学生たちは吹雪が止むまで持ちこたえ、無事に下山できたのだった。



下山後に学生たちがこの話を友人にすると、その友人が顔を真っ青にしながらこう言ったのだった。




それ、5人いないと出来ないぞ・・・





それ、41人いないと出来ないぞ・・・





それ、ベビーパークだぞ・・・