NTRエロ漫画案「ゴールキーパーがいたらシュートを打たないのか」



好きになった子に彼氏がいるから告白しない、そんなボーイにかける言葉。

「お前はゴールキーパーがいたらシュートを打たないのか」

とても良い言葉ですよね。妄想のし甲斐があって。



まず、相手のゴールをホマレちゃん、相手のゴールキーパーをホマレちゃんの彼氏、 自軍の選手をホマレちゃんファンクラブの会員達とします。
(前提がゴールを好きになった子に、ゴールキーパーをその子の彼氏に例えているのでこちらもホマレちゃんという架空の女性(あくまで架空の女性です)に例えても問題無いでしょう。)

次にホマレちゃんにシュートを決めたら彼氏になれるという訳の分からんメカニズムについて考えます。

ホマレちゃんには彼氏がいます。しかし、ホマレちゃんの彼氏はホマレちゃんにシュートを決めていません。
彼氏になる条件がシュートを決める事なのにホマレちゃんの彼氏はシュートを決めておらず矛盾が生じています。



この矛盾を無くすべく筆者は2徹で様々な仮定を考えました。
その結果、サッカーボールをちんぽ、ホマレちゃんとホマレちゃんの彼氏の関係を幼馴染の2人が修学旅行の夜の告白に成功しセックス無しで成立したカップル、シュートをセックスと仮定する事で矛盾が無くなる事を発見したのです。

ホマレちゃんはホマレちゃんの彼氏をさりげなくセックスに誘いますが、ホマレちゃんの彼氏は頑なにセックスをしてくれません。しかしホマレちゃんはセックスがしたくて仕方が無い訳です。(ピッチに出て来るという事は、つまりそういう事だから。)

一方その頃、そんな欲求不満のホマレちゃんを狙う集団がいました。そうです。ホマレちゃんファンクラブの会員達です。

ホマレちゃんファンクラブの会員達はホマレちゃんに彼氏がいる事などお構いなしにちんぽをブチ込もうとします。しかし欲求不満のホマレちゃんはちんぽを拒む事無くピッチに鎮座しています。これはもうピッチに鎮座するビッチとも言えますね。ホマレちゃんの彼氏はホマレちゃんがビッチであると知りながらも、それでも必死でホマレちゃんを守り抜こうとする訳です。



突然ですが、ここでサッカーのルールをおさらいしましょう。サッカーは基本的に手を使ってはいけないスポーツです。しかし、ゴールキーパーだけは手を使えるのです。つまり、ホマレちゃんの彼氏はホマレちゃんを狙うホマレちゃんファンクラブの会員達のちんぽを手で掴んで相手をしているのです。


ホマレちゃんファンクラブの会員達
「ほら、さっさと手で抜かないと… 分かってるよな?」

ホマレちゃんの彼氏
「クソッ… なんで俺がこんな事を…」

ホマレちゃんファンクラブの会員達
「なかなか上手いじゃねえか。もしかしてお前、初めてじゃねえな?」

ホマレちゃんの彼氏
「ばっ、お前っ/// そんな訳無えだろ///」




あれ?エロ同人誌?

失礼しました。エロ同人誌が始まってしまいました。気を取り直して、次はシュートが決まった時の事を考えてみてください。

ホマレちゃんファンクラブの会員達がホマレちゃんとセックスした時、ピッチはどんな状態になると思いますか?そうです、セックスをした会員もセックスをしていない会員も全員で大喜びしているのです。これは「会員A君、ホマレちゃんとのセックスおめでと~~~!!!」などという呑気な喜びでは無いのです。では何故喜んでいるのか。それは「ホマレちゃんが誰とでもセックスをする女だと証明出来たから」です。



彼氏がいるのにも関わらず、その彼氏の目の前で別の男とセックスをする。サッカーはNTRエロ漫画なのかもしれません。

仮にホマレちゃんの彼氏がホマレちゃんとセックス(オウンゴール)しても、ホマレちゃんの彼氏は自分の情けなさに頭を抱えるだけです。さらに、得点はホマレちゃんファンクラブの会員達のチームに入るので、これはホマレちゃんが「やっぱりホマレちゃんファンクラブの会員達のちんぽの方が太くて硬くて気持ち良かったわ」と思っているに違いありません。

こうなったらもうホマレちゃんの彼氏はホマレちゃんファンクラブの会員達が守るゴールにシュートを決めるしかありません。とりあえず、ホマレちゃんファンクラブの会員達が守るゴールは丸山ちゃん、相手ゴールキーパーを丸山ちゃんの彼氏としましょう。



ホマレちゃんの彼氏は必死にホマレちゃんファンクラブの会員達の守りを股抜き(男娼的な意味で捉えてもらって構いません)等で突破し、丸山ちゃんとセックスをするのです。すると、丸山ちゃんの彼氏やホマレちゃんファンクラブの会員達はホマレちゃんの彼氏がホマレちゃんを寝取られた時の様に落ち込み、うなだれる事でしょう。

それを見てホマレちゃんの彼氏は大喜び。しかしサッカーのルールは残酷なもので、プレイが再開されるとホマレちゃんの彼氏は丸山ちゃんの彼氏としてではなく、再びホマレちゃんの彼氏としてホマレちゃんを守らなければならないのです。そして、丸山ちゃんとも距離(物理的に)が出来て疎遠になってしまい、再びホマレちゃんファンクラブの会員達の相手をし続ける日々に戻るのです。



そんな生活を繰り返す内にホマレちゃんの彼氏は気付きます。丸山ちゃんとセックスをした時の喜びは「彼女が出来た喜び」ではなく「女を寝取る喜び」なのだと。自分もホマレちゃんファンクラブの会員達と同じ事をしていたのだと。





皆さんの周りにゴールキーパーを任されている人はいますか?

もしもいるのならば、今までよりも優しく接してあげてください。

それだけで救えるゴールキーパーの命があります。

みんなで守ろう

ゴールキーパー



あと、誰かホマレちゃんファンクラブの会員達とホマレちゃんの彼氏のエロ同人誌を描いてください。買うので。